理系標準問題集

  • とても詳しく、かつわかりやすい解説
  • レイアウトがすっきりしていて見やすい
  • 基礎を固めるために利用すると良い

標準問題集とタイトルにはありますが、この参考書を使えば、難関大学を目指せるくらいの力がつきます。

難しい問題でも、とても詳しく説明してあり、分かりやすいので。あまり苦もなくすすめることができるでしょう。

レイアウトがすっきりとしていて見やすい点もGood! 大量の文章を読まなくてもいいのでラクです。

基礎を固めるのにも役立ちます。

難易度 価格(新品) 著者 出版社
1,260円 新田克己 駿台文庫

難関大学への橋がけ参考書。難関大学を目指したくなった人におすすめ

この参考書のレビュー

<<辛口レビュー>>
やさしい問題と難しい問題の差が大きい。簡単な問題がたくさんあるなかで、急に難易度の高い問題が出される。どの層を対象にしている参考書なのかがよくわからない。

微積をつかった説明もあるが、公式がただしめされているだけで実際には役には立たないだろう。

レイアウトがすっきりしていて読みやすい。レベル的には、定期テストにも入試にも対応できるオールラウンダー。

問いを多く出題している問題集というよりは、問題について詳しく説明する問題思考型解説書といえる。

良い問題が多いです。私がやったことのある参考書の中では、トップレベルの分かりやすさでした。

難関大学には少し届かないくらいのレベルですが、大抵の大学へはこの一冊をクリアできれば重武運でしょう。難関大学を受ける学生は、これまでの基礎を固めるために使うといいと思います。


目次

1-1 速度と加速度
1 位置・速度・加速度
2 相対速度
3 等速度運動と等加速度運動
4 放物運動

1-2 運動の法則と力
5 運動の法則
6 運動方程式(1)
7 運動方程式(2)
8 斜面上の物体
9 摩擦力
10 浮力と抵抗力

1-3 重心・力のモーメント
11 質点の重心
12 物体の重心
13 力のモーメント
14 剛体のつりあい

1-4 仕事と力学エネルギー
15 仕事と運動エネルギー
16 位置エネルギー
17 力学的エネルギー保存則

1-5 運動量保存則
18 運動量変化と力積
19 衝突と分裂
20 直線上の衝突
21 2次元平面内の衝突
22 重心速度
23 運動量保存則と重心

1-6 円運動・万有引力
24 向心加速度
25 円錐振り子
26 鉛直面内での円運動
27 万有引力による円運動
28 面積速度
29 楕円軌道

1-7単振動
30 単振動の速度・加速度
31 単振動の式
32 ばね振り子
33 鉛直につるしたばね振り子
34 摩擦力を受けるばね振り子
35 単振り子

1-8 慣性力
36 慣性力
37 遠心力

2-1 進行波
38 波のグラフ
39 波の式
40 縦波
41 波の反射

2-2 波の重ね合わせ
42 定常波
43 弦の共振
44 気柱共鳴
45 うなり
46 円形水面波の干渉
47 直線上の水面波の干渉

2-3 ドップラー効果
48 ドップラー効果
49 風があるときのドップラー効果
50 斜め方向のドップラー効果

2-4 光の屈折とレンズ
51 屈折の法則
52 全反射
53 凸レンズ
54 凹面鏡

2-5 光の干渉
55 ヤングの干渉実験
56 単スリットによる光の回折
57 回折格子
58 薄膜による光の干渉
59 ニュートンリング

3-1 電場と電位
60 はく検電気
61 クーロンの法則
62 点電荷による電場と電位
63 電気力線と等電位面
64 ガウスの法則

3-2 コンデンサー
65 平行平板コンデンサー
66 静電エネルギー
67 極板間引力
68 静電誘導と誘電分極
69 極板の接続
70 コンデンサーの接続

3-3 電流
71 電子の運動とオームの法則
72 電子の運動とジュールの法則
73 キルヒホッフの法則
74 非線形抵抗
75 電流計と電圧計
76 過渡現象

3-4 静磁場
77 ローレンツ力
78 直線電力による磁場
79 円電流による磁場
80 電磁力
81 電流間に働く力
82 ホール効果

3-5 電磁場誘導
83 磁場内を運動する導体棒
84 ファラデーの電磁誘導の法則
85 磁場内の斜面を運動する導体棒
86 直線電流が作る磁場内のコイル
87 磁場内を回転する導体棒
88 磁場内を回転する扇形コイル
89 時間的に変化する磁場内のコイル
90 ベータトロン
91 自己誘導
92 相互誘導

3-6 コイルを含む回路,交流
93 RL回路
94 LC回路
95 交流発電機
96 交流
97 RLC直列交流回路
98 変圧器

4-1 熱と仕事
99 熱量,比熱,熱容量
100 仕事と熱量
101 熱の移動

4-2 理想気体
102 ボイル・シャルルの法則
103 状態方程式
104 気体分子運動論
105 内部エネルギー
106 気体の加熱
107 気体の混合

4-3 熱力学第1法則
108 熱力学第1法則
109 定積変化
110 定圧変化
111 等温変化
112 断熱変化
113 熱機関

5-1 電子と光子
114 電子の比電荷
115 ミリカンの油摘実験
116 光子
117 光電効果
118 コンプトン効果
119 X千回折
120 電子線回折

5-2 エネルギー準位
121 水素原子のボーア・モデル
122 光子の吸収・放出
123 X線の発生

5-3 原子核
124 ラザフォード散乱
125 原子核
126 原子核の結合エネルギー
127 原子核反応

5-4 放射性崩壊
128 放射性崩壊
129 半減期
130 ウランの崩壊系列
131 14Cによる年代測定

参考書名
橋元の物理を
はじめからていねいに
橋元の物理をはじめからていねいにの偏差値帯
橋元流解法の大原則 橋元流解法の大原則の偏差値帯
物理のエッセンス 物理のエッセンス
漆原晃の物理
物理I・II明快解法講座
漆原晃の物理物理I・II明快解法講座
理系標準問題集 橋元流解法の大原則の偏差値帯
基礎問題精講 基礎問題精講
名問の森 名問の森
漆原晃の物理
物理I・II応用実戦講座
漆原晃の物理物理I・II応用実戦講座
難問題の系統と
その解き方
難問題の系統とその解き方
入試物理プラス 入試物理プラスの偏差値帯