人気のある物理の参考書をランキングにしました

このサイトでは、物理の参考書を実際に読んだ内容やレビューサイトを参考に おすすめの 10冊をピックアップしてランキングしてみました。センターや二次試験の対策に人気のある参考書を選んだので、たくさんある物理の参考書からどれを使ったらいいのか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめ参考書ランキング 難易度別参考書ランキング
価格別参考書ランキング
問題数別参考書ランキング

実は難易度で参考書を決めるのが良いんです

物理の参考書には種類がたくさんあり、どれを使えばいいのか迷いますよね。でも参考書には、「これさえやれば完璧!」というものがありません。内容が優しすぎたら力はつきませんし、難しすぎて分からなければ意味がないです。自分の学力にあった難易度の参考書を選ぶのが 1番なのです。

参考書を選ぶときに、「一番いい参考書はどれ?」「使いやすい参考書を紹介して下さい」といった質問をよく聞きます。確かに、参考書を選ぶときには、人に聞いておすすめのされたを選ぶのが楽でしょう。実際に使った人が紹介してくれたと思うと安心できますよね。

しかし、他の人からすすめられた参考書を使っても、あなたがそれを使いこなせるかどうかはわかりません。参考書選びの際には、自分のレベル(偏差値)にあったものを使うのが一番です。なぜなら……

人によって参考書への評価はぜんぜん違う

参考書のおすすめサイトを見ていると、すすめている参考書が場所によって全然違うのが分かります。

あるところでは、「物理のエッセンスは最高! 解説がしっかりしているから、どんな試験問題にも対応できる!」といいます。またあるところでは、「いいや、それより名門の森のほうがいい。これさえやればセンター二次も完璧だ!」といいます。

このように、紹介する人によって評価はまるっきり違うのです。これは、紹介する人のレベルが違うからです。自分の目線から参考書を紹介しようとします。とても頭の良い人は、初心者には難しい参考書でも簡単な参考書として紹介します。

だから、選ぶときには、難易度をしっかり把握して、最終的には自分で決めないといけないのです。

自分のレベルより高い内容の参考書を買うのは時間とお金の無駄

もしあなたが、質問サイトでおすすめの参考書を聞いたとしましょう。そこで心優しい人が「名門の森という参考書がいいよ!」と教えてくれました。あなたは早速「名門の森」を買ってやりはじめます。しかし、問題が難しすぎて内容が全然あたまに入って来ません。

名門の森は比較的難易度の高い参考書です。物理の入門者にはかなり荷が重いといえるでしょう。もし物理の基礎ができていないのに難しいものを選んでも、当然問題は解けません。

理解できない問題をいくら見ていても、力はつきません。時間とお金の無駄遣いです。自分のレベルにぴったり合ったものを使うことで、効果的に学力をつけることができるのです。

簡単な問題をいくら解いても意味が無い

あまりに難しい問題を出されても、理解できなければ効果が無いです。だからといって、簡単な問題をいくら解いたところで、これまた意味がありません。

例えば、このサイトで紹介している「橋元の物理をはじめからていねいに」という参考書は、物理入門者には相性がよく、物理勉強のとりかかりに最適です。

しかし、この参考書で学べることは、物理の中でも最初の段階でしかありません。センター試験や二次試験に対策するためには、さらに難易度の高いものを使わなければいけません。

私には、あなたにぴったりの参考書を選んであげる事ができません。人によって物理の習得率や目標としている大学が全然違うからです。

当サイトでは、参考書を難易度順に並べて、それぞれの特徴を書いてあります。難易度ランキングを参考に、最後は自分の手で選択してください。